「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

【ネタバレ】2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』第28話あらすじ

スポンサーリンク

こちらのページでは、

2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』の第28話のあらすじ

をご紹介しています。

順次あらすじを公開していきますので、お楽しみいただけると幸いです。

 

※ネタバレ含みます

スポンサーリンク

大河ドラマ『光る君へ』第28話 あらすじ

罪悪感

藤原為時(岸谷五朗)の屋敷では、まひろ(吉高由里子)が慣れない乳飲み子の世話に 四苦八苦しています。
乳母のあさに「任せて」と言われても自分でやってみたいまひろ。
弟の藤原惟規(高杉真宙)に

赤子のおでこのあたりが宣孝様に似ている

と言われ、曖昧に微笑むしかありません。

一帝二后へ

土御門邸では藤原詮子(吉田羊)が藤原道長(柄本佑)から娘・藤原彰子(見上愛)を中宮にする話を聞き、若い頃はぼんやりしていた弟がすごいことを考えるものだと驚いています。
ですが、自分が円融天皇から顧みられず辛い立場であったことから「一帝二后」も悪い話ではないと一条天皇に文を書く約束をしてくれました。

文を受け取った一条天皇(塩野瑛久)は、側近の藤原行成(渡辺大知)に意見を求めます。
行成が返事に困っていると一条天皇は怒りをあらわにします。

后を2人立てるなぞ受け入れられるものではない!
朕の后は定子1人である!

にも関わらず行成が前向きな返答を道長に伝えたことで、道長は彰子の中宮への道を作るよう行成に命じます。

道長の頼みを無碍には断れない一条天皇は、彰子を訪ねます。

この日、彰子は赤染衛門から『古今和歌集』を学んでいました。
帝に対しても愛想を振りまかない彰子。
帝が笛を吹いてやっても喜びません。

そなたはなぜ朕を見ないのだ?

笛は聞くもので、見るものではございませぬ

赤染衛門(凰稀かなめ)は慌てます。

左大臣はそなたが中宮になることを望んでおる。
そなたはどうなのだ?

仰せのままに

このやりとりが帝の心を動かします。

後日、行成に
「父親の言いなりになっている彰子が母の言いなりで育った自分を見ているようだ」
と話す一条天皇。

朕にとって愛しきおなごは定子だけである
されど彰子を形のうえで后にしてやってもよいやもしれぬ

この話を聞いて喜ぶ道長は、意識を失いかけます。
このところの度重なる心労で、体調に異変をきたしていたのでした。

年が明けました。
長保2年(1000年)
帝からの正式な詔はまだですが、道長は安倍晴明から2月25日という日取りがよいと聞かされます。

定子を傷つけるのは忍びないとまだ決めかねている一条天皇に、行成は苦言を呈します。

帝がしもじもの者のように妻を想うことなどあってはなりませぬ

本来皇后が大原野社の祭祀の神事を務める習わしがあるのに、定子様が出家して以来、神事が行われていない。天変地異の災害は神の祟りではないか。
中宮・定子様への民の不満が募れば、定子様は追い出され二度と会えなくなるかも…。

その説得が功を奏し、一条天皇は決断します。

2月2日。
藤原宣孝(佐々木蔵之介)は宇佐八幡宮の業務を終えまひろのもとに駆けつけると、娘に「賢子(かたこ)」と名付けます。

父上だぞ

と娘を慈しむ夫を見たまひろは

これでよかったんだ

と自分に言い聞かせます。

内裏に出仕した宣孝が仕事の報告とともにまひろの出産を道長に伝えると、道長の胸は騒ぎます。

 

道長、危篤

2月10日。
しきたりにより”立后の宣命”を受けるため、いったん土御門邸に戻った彰子。
その隙に一条天皇は、内裏に定子と息子の敦康、脩子を内裏に招き入れ、謝ります。
この日、定子は3人目の子どもを身ごもりました。

2月25日。
彰子の立后の儀が盛大に執り行われました。
そのあと高松殿の源明子(瀧内公美)を訪れた道長は、胸の痛みを訴え気を失ってしまいます。

急ぎ高松殿に向かう源倫子(黒木華)。
ですが、病状は重く、土御門邸に連れて帰ることもできません。

道長危篤という話はまたたくまに広がります。
宣孝から話を聞いたまひろは、逝かないでほしいと祈り続けます。

道長は夢を見ていました。
亡き父・兼家(段田安則)と亡き兄・道隆(井浦新)、道兼(玉置玲央)に呼ばれ向かいかけたところにまひろの「いかないで」「お忘れなの?わたしとの約束」という声が聞こえます。

翌日、意識を取り戻した道長は、土御門邸に帰ります。

 

定子、死す

妊娠初期。
食欲のない定子のためにききょう(ファーストサマーウイカ)は「青ざし」というお菓子を持っていきます。

年の暮れ。
憔悴した定子は姫皇子を出産して間もなく世を去りました。
25歳でした。

死後、兄の藤原伊周(三浦翔平)は、部屋の几帳に

よもすがら ちぎりしことを 忘れずば
恋ひなむ涙の 色ぞゆかしき

という悲しい歌を見つけます。

なにゆえわれらばかりがこのような目に遭わねばならぬのか!
何もかもあいつのせいだ

ききょうがあいつとは誰かと問うと

左大臣だ!
左大臣が大事にしているものをこれから俺がことごとく奪ってやる!

 

 

前回のあらすじ

次回のあらすじ

 

タイトルとURLをコピーしました