「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

【ネタバレ】朝ドラ『虎に翼』あらすじ第12週(56〜60話)

スポンサーリンク

2024年前期のNHK朝の連続ドラマ小説では
『虎に翼』トラつば放映されます。

伊藤沙莉(いとうさいり)さんが演じる大正・昭和を生き抜いたヒロイン寅子(ともこ)の自立した人生と法廷ストーリーが展開されていきます。

全130話
2024年4月1日(月)〜2024年9月27日(金)
を放送日と予想しています。

その前提でネタバレを含むあらすじをお伝えしていきます。

 

ではさっそくあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

朝ドラ『虎に翼』ネタバレあらすじ 第12週 「家に女房なきは火のない炉のごとし?」 56〜60話

2024年前期のNHK朝ドラ『虎に翼』12週のネタバレあらすじをお伝えしていきます。

寅子、ついに裁判官になる

1949年 昭和24年1月。
家庭裁判所開所記念の式典が行われる日がやってきました。

その日寅子(伊藤沙莉)は式典に訪れていた最高裁判所長官の星朋彦から東京家庭裁判所判事補に任じられ、ついに裁判官となりました。
ただし、今まで通り家庭局の仕事も兼務しなければなりません。

ある日、寅子は上野の路上でスリの少年たちと出くわします。
当時は戦災孤児が町に溢れ、社会問題になっていました。

彼らを追って行った寅子はカフェ「燈台」にたどり着きます。
そこではかつての同級生・轟太一(戸塚純貴)と山田よね(土居志央梨)が「轟法律事務所」を開いていました。

2人は孤児たちの相談にも乗っています。
轟は寅子との再会を喜びますが、妊娠を機に仕事を辞めてしまった寅子を信じられなくなっているよねは

もうここには来ないでくれ

と突き放します。

はるの最期

数日後、警察により孤児の一斉補導が行われ、大勢の孤児たちが家庭裁判所に送られてきました。
処分を待つ子供たちの収容施設が足りない中、上野で出会った少年の1人である道男を見つけた寅子は、しばらく猪爪家で預かることを決めました。
寅子が道男を連れて帰ると花江(森田望智)も子供たちも態度の悪い道男を警戒するのですが、はる(石田ゆり子)だけは違いました。

道男もそんなはるになついていきます。
ですが、道男の花江に対するある行動が誤解を生み、はるが一瞬 道男に疑いの目を向けたことで道男は出て行ってしまいました。

ずっと道男のことを気にしていたはるは、数日後 心臓発作で倒れてしまいます。

寅子は道男を探し出し、はるの元へ連れて行きました。
はるは何とか体を起こし、道男を抱きしめた後に言います。

見極めるの。
手を差し伸べてくれる人を…全てを突っぱねてちゃだめよ

 

この夜、はるの最期が近づいていました。

寅子は子供のように泣きじゃくっています。

ずっとそばにいてよ!
お母さんがいなかったら私

何を子供みたいに
「地獄だ、やめろ」と言ってもいつも好き勝手飛び回っていたのはあなたじゃない

はるは微笑み、安らかに旅立ちました。

 

はるの葬儀の後、素直になった道男を花江も子供達も温かく受け入れました。
寅子は自分が道男を引き取るべきではないかと悩み、よねのもとへ押しかけて相談するのですが、よねは寅子に心を開いてはくれません。

後日、道男は田舎から戻って再び寿司店を開くことにした「笹山」の店で住み込みで働くことになりました。
そして試験観察を経て、道男の不処分が決まったのでした。

 

前週のあらすじ

次週のあらすじ

タイトルとURLをコピーしました