「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

【ネタバレ】朝ドラ『虎に翼』あらすじ第13週(61〜65話)

スポンサーリンク

2024年前期のNHK朝の連続ドラマ小説では
『虎に翼』トラつば放映されます。

伊藤沙莉(いとうさいり)さんが演じる大正・昭和を生き抜いたヒロイン寅子(ともこ)の自立した人生と法廷ストーリーが展開されていきます。

こちらでは『虎に翼』のあらすじを順次公開しています。

放映を見逃してしまった方や、見る時間がない方、内容だけ知りたい方などのお役に立てましたら幸いです。

 

1週 2週

3週 4週

5週 6週

  7週 8週

9週 10週

11週 12週

 

全130話
2024年4月1日(月)〜2024年9月27日(金)
を放送日と予想しています。

その前提でネタバレを含むあらすじをお伝えしていきます。

ではさっそくあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

朝ドラ『虎に翼(トラつば)』 第13週(61〜65話) 「女房は掃きだめから拾え?」 ネタバレあらすじ

2024年前期のNHK朝ドラ『虎に翼』のネタバレあらすじをお伝えしていきます。

梅子、闘う

1949年(昭和24年)4月。
寅子(伊藤沙莉)は特例判事補として家事部の審判も担当することになっていました。

ある日家庭裁判所で相談を受けていた寅子は大庭梅子(平岩紙)と再会します。

夫に離婚届を突きつけられ、高等試験直前に諦め三男の光三郎と家を出た過去のある梅子。

梅子は光三郎とともに大庭家に連れ戻され、病気で倒れた夫・大庭徹男の世話を10年以上続けていたと言います。
その夫が亡くなり、梅子、姑、3人の子供たち、夫の妾・元山すみれが財産の相続で揉めているとのこと。

「元山すみれに全財産を遺贈する」

妾から見せられた遺言書です。

寅子は梅子を山田よね(土居志央梨)と轟太一(戸塚純貴)の元へ連れて行きます。

その遺言書は捏造されたものであることが発覚し、
財産の1/3は梅子
財産の2/3を息子たち3人で等分する(1人あたり2/9)
となるはずでした。

しかし、父親そっくりに育った長男が主張します。

梅子は相続放棄するべき
次男・徹次は酒浸りなので資格なし
三男・光三郎は学生なので資格なし

裁判は泥沼化していきます。

調停が進むなか、光三郎が裏で妾と繋がっていたことが判明。
梅子は全てを放棄し家を出る決断をしました。

愛のコンサート

同じ頃、寅子は多岐川の指示で家庭裁判所の広報活動の一環として 「愛のコンサート」の企画を進めていました。

「東京ブギウギ」を提案された寅子は、多忙な人気歌手なんて絶対ムリだと答えます。

ですが、出演してくれることになった人気歌手・福来スズ子(趣里)。

スズ子と会話した寅子は「自分の仕事が好きだ」と語ります。

全ての人間を平等に幸せにできる
困った人の手伝いができる最高の仕事なんです

コンサート 大成功に終わり、寅子は充足感を味わっていました。

 

前週のあらすじ

次週のあらすじ

タイトルとURLをコピーしました