「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

【ネタバレ】朝ドラ『虎に翼』あらすじ第17週(81〜85話)

スポンサーリンク

2024年前期のNHK朝の連続ドラマ小説では
『虎に翼』トラつば放映されます。

伊藤沙莉(いとうさいり)さんが演じる大正・昭和を生き抜いたヒロイン寅子(ともこ)の自立した人生と法廷ストーリーが展開されていきます。

スポンサーリンク

朝ドラ『虎に翼(トラつば)』第17週 「女の情に蛇が住む?」 (81〜85話)放送日

朝ドラ『虎に翼(トラつば)』第17週「女の情に蛇が住む?」(81〜85話)放送日は

2024年7月22日(月)〜2024年7月26日(金)
です!

 

ではさっそくあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

朝ドラ『虎に翼(トラつば)』第17週81話ネタバレ・あらすじ 「女の情に蛇が住む?」

では81話あらすじです!

涼子様、降臨

1952年(昭和27年)。
三条支部勤務の寅子(伊藤沙莉)は、ある日、新潟本庁を訪れます。

そこで再会した星航一(岡田将生)に案内され、寅子は喫茶店へ入ります。

そこにいたのは、なんと明律大学の法科女子部でともに高等試験を目指していた、元華族のお嬢様・桜川涼子(桜井ユキ)でした。

涼子に仕えていた玉(羽瀬川なぎ)が空襲で足が不自由になっており、その喫茶店は二人で手を取り合って営んでいたのです。

実に14年ぶりの再会を果たした涼子と寅子は抱き合い、喜びあいます。

華族制度が廃止され、玉は英語を教えていました。
玉の教える生徒の中には、森口美佐江という三条の名士・森口の娘がいて、明律大学を目指していると話します。

玉の表情が気になる寅子。

 

初めての刑事事件

新潟本庁で寅子が担当するのは、初めての刑事事件。

事件は、19歳の少年・元木が盗みを働き、 カバンを盗まれ激怒した20歳の青年・水上が元木を暴行したというものです。

1歳しか変わらない年齢ですが、少年と成人の裁判でした。

 

優未との関係

事件を担当しながらも、解決すべき問題は家の中にもありました。

娘・優未との関係です。

いまだにぎこちない日々を送るなか、ある日大きな援軍が届きます。

花江の実家で働いていた稲が手伝いに来てくれたのです。

寅子の学生時代の思い出話に花を咲かす二人。
優未に話を振ると

私、友達いないよ?
学校の子と一緒にいると疲れる。

どう声をかけようか悩む寅子に

意地悪されてないよ

声を掛けてみたらどうかと提案する寅子にめんどくさそうに

わかったよ

と答える優未でした。

前週のあらすじ

次週のあらすじ

 

タイトルとURLをコピーしました