「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

「源氏物語」四帖:夕顔(ゆうがお)あらすじ

スポンサーリンク

大河ドラマ『光る君へ』のなかで、ついにまひろが源氏物語をしたため始めます。

こちらでは、まひろの描いた「源氏物語」の内容・あらすじを一帖ずつご紹介します。

 

桐壷きりつぼ 帚木ははきぎ 空蝉うつせみ 夕顔ゆうがお 若紫わかむらさき 末摘花すえつむはな
紅葉賀もみじのが 花宴はなのえん あおい 10賢木さかき 11花散里はなちるさと 12須磨すま
13明石あかし 14澪標みおつくし 15蓬生よもぎう 16関屋せきや 17絵合えあわせ 18松風まつかぜ
19薄雲うすぐも 20朝顔あさがお 21少女おとめ 22玉鬘たまかずら 23初音はつね 24胡蝶こちょう
25ほたる 26常夏とこなつ 27篝火かがりび 28野分のわけ 29行幸みゆき 30藤袴ふじばかま
31真木柱まきばしら 32梅枝うめがえ 33藤裏葉ふじのうらば 34若菜上わかなじょう 35若菜下わかなげ 36柏木かしわぎ
37横笛よこぶえ 38鈴虫すずむし 39夕霧ゆうぎり 40御法みのり 41まぼろし 42匂宮におうみや
43紅梅こうばい 44竹河たけかわ 45橋姫はしひめ 46椎本しいがもと 47総角あげまき 48早蕨さわらび
49宿木やどりぎ 50東屋あずまや 51浮舟うきふね 52蜻蛉かげろう 53手習てならい 54夢浮橋ゆめのうきはし

『光る君へ』を深く理解するためのご参考に、また、「源氏物語」の古文を読まれる際にもお役立ていただけましたら幸いです。

では四帖、夕顔(ゆうがお)のあらすじ紹介です。

スポンサーリンク

「源氏物語」四帖:夕顔(ゆうがお)あらすじ

源氏17歳夏から10月。

空蝉にのぼせていたころ、源氏は六条に住む高貴な女の所にも忍んで通っていましたが、六条の女に気詰まりを感じていました。

従者・藤原惟光の母親でもある乳母の見舞いの折、隣の垣根に咲くユウガオの花に目を留めた源氏が取りにやらせたところ、邸の住人が和歌で返答します。

市井の女とも思えない教養に興味を持った源氏は、身分を隠して彼女のもとに通うようになりました。

可憐なその女は自分の素性は明かさないものの、逢瀬の度に頼りきって身を預ける風情が心をそそり、源氏はのめりこんでいきます。

8月15日の夜、源氏は女の宿ですごしますが、近所の声が聞こえるような家での逢瀬は落ち着きません。

水入らずで落ち着ける場所をもとめ、逢引の舞台として寂れた某院(なにがしのいん、源融の旧邸六条河原院がモデルとされる)に夕顔を連れ込みましたが、深夜に夢に女性の霊が現れ、恨み言を言います。

物の怪に襲われる気がして目が覚めると、灯火は消え、夕顔はそのまま正気を失います。
ようやく紙燭で照らすと、夢の女が一瞬現われます。
夕顔は明け方に息を引き取りました。

惟光の処置により夕顔の葬儀を終えたものの、源氏はショックの余りひと月ほど床を離れられません。

夕顔に仕えていた女房・右近から、夕顔はかつて源氏の良きライバル・頭中将の側室だった事を打ち明けられます。

源氏は「雨夜の品定め」で頭中将が語った
「愛した女人が、北の方の嫉妬に遭い、姿を消した」
その女人こそが夕顔であることを悟ります。

さらに、姫君(後の玉鬘)が一人いる事を知った源氏は、右近に「姫君を引き取りたい」と切り出すものの、惟光に制止されてしまいます。

騒ぎになる事を恐れ事を公にせず、しばらくしてから夕顔が暮らしていた家へ向かった源氏。

しかし、夕顔の家はすでに無人でした。

一方、空蝉は10月に夫に伴い伊予国に下って行きました。

 

三帖 空蝉

五帖 若紫

スポンサーリンク

「源氏物語」四帖:夕顔(ゆうがお)ポイント

「源氏物語」四帖:夕顔(ゆうがお)ポイントです。

ポイント1:夕顔

夕顔は「帚木」巻「雨夜の品定め」で語られた、友達の元側室です。

後にその娘・玉鬘(たまかずら)が登場し、源氏が懸想します。

ポイント2:女性の霊

こちらで登場する女性の霊は、後に登場する高貴な女性・六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊ではないかと言われています。

タイトルとURLをコピーしました