「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

「源氏物語」十七帖:絵合(えあわせ)あらすじ

スポンサーリンク

大河ドラマ『光る君へ』のなかで、ついにまひろが源氏物語をしたため始めます。

こちらでは、まひろの描いた「源氏物語」の内容・あらすじを一帖ずつご紹介します。

 

桐壷きりつぼ 帚木ははきぎ 空蝉うつせみ 夕顔ゆうがお 若紫わかむらさき 末摘花すえつむはな
紅葉賀もみじのが 花宴はなのえん あおい 10賢木さかき 11花散里はなちるさと 12須磨すま
13明石あかし 14澪標みおつくし 15蓬生よもぎう 16関屋せきや 17絵合えあわせ 18松風まつかぜ
19薄雲うすぐも 20朝顔あさがお 21少女おとめ 22玉鬘たまかずら 23初音はつね 24胡蝶こちょう
25ほたる 26常夏とこなつ 27篝火かがりび 28野分のわけ 29行幸みゆき 30藤袴ふじばかま
31真木柱まきばしら 32梅枝うめがえ 33藤裏葉ふじのうらば 34若菜上わかなじょう 35若菜下わかなげ 36柏木かしわぎ
37横笛よこぶえ 38鈴虫すずむし 39夕霧ゆうぎり 40御法みのり 41まぼろし 42匂宮におうみや
43紅梅こうばい 44竹河たけかわ 45橋姫はしひめ 46椎本しいがもと 47総角あげまき 48早蕨さわらび
49宿木やどりぎ 50東屋あずまや 51浮舟うきふね 52蜻蛉かげろう 53手習てならい 54夢浮橋ゆめのうきはし

『光る君へ』を深く理解するためのご参考に、また、「源氏物語」の古文を読まれる際にもお役立ていただけましたら幸いです。

では十七帖:絵合(えあわせ)のあらすじ紹介です。

 

スポンサーリンク

「源氏物語」十七帖:絵合(えあわせ)あらすじ

光源氏31歳の春。

内大臣・光源氏の後見のもと、斎宮(六条御息所の娘)は入内して梅壺に入り女御となりました。

若い冷泉帝(源氏と藤壺の不義の子)は、はじめ年上の斎宮女御になじめませんでしたが、絵画という共通の趣味をきっかけに寵愛を増してきます。

先に娘を弘徽殿女御として入内させていた権中納言(かつての頭中将)は、これを知り、負けじと一流の絵師に豪華な絵を描かせ、帝の気を引こうと躍起になります。

後宮でも人々が絵を批評しあうのが流行し、3月には藤壺中宮の御前で物語絵合せが行われました。
優劣つけがたく、帝の御前でも「梅壺VS弘徽殿」の絵合わせが華々しく催されました。

昔から今に至るまでのの素晴らしい絵が数多く出された中で、
最後の勝負に源氏が出した「須磨の絵日記」が絵の見事さと感動的な内容で人々の心を打ち、斎宮女御の梅壺方が勝利をおさめました。

絵合わせの後、源氏は藤壺に絵日記を献上し、
一方で、いつか出家する日のことを考え、嵯峨野に御堂の建立を始めるのでした。

 

 

十六帖 関屋

十八帖 松風

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました