「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

「源氏物語」七帖:紅葉賀(もみじのが)あらすじ

スポンサーリンク

大河ドラマ『光る君へ』のなかで、ついにまひろが源氏物語をしたため始めます。

こちらでは、まひろの描いた「源氏物語」の内容・あらすじを一帖ずつご紹介します。

桐壷きりつぼ 帚木ははきぎ 空蝉うつせみ 夕顔ゆうがお 若紫わかむらさき 末摘花すえつむはな
紅葉賀もみじのが 花宴はなのえん あおい 10賢木さかき 11花散里はなちるさと 12須磨すま
13明石あかし 14澪標みおつくし 15蓬生よもぎう 16関屋せきや 17絵合えあわせ 18松風まつかぜ
19薄雲うすぐも 20朝顔あさがお 21少女おとめ 22玉鬘たまかずら 23初音はつね 24胡蝶こちょう
25ほたる 26常夏とこなつ 27篝火かがりび 28野分のわけ 29行幸みゆき 30藤袴ふじばかま
31真木柱まきばしら 32梅枝うめがえ 33藤裏葉ふじのうらば 34若菜上わかなじょう 35若菜下わかなげ 36柏木かしわぎ
37横笛よこぶえ 38鈴虫すずむし 39夕霧ゆうぎり 40御法みのり 41まぼろし 42匂宮におうみや
43紅梅こうばい 44竹河たけかわ 45橋姫はしひめ 46椎本しいがもと 47総角あげまき 48早蕨さわらび
49宿木やどりぎ 50東屋あずまや 51浮舟うきふね 52蜻蛉かげろう 53手習てならい 54夢浮橋ゆめのうきはし

『光る君へ』を深く理解するためのご参考に、また、「源氏物語」の古文を読まれる際にもお役立ていただけましたら幸いです。

では七帖:紅葉賀(もみじのが)あらすじ紹介です。

スポンサーリンク

「源氏物語」七帖:紅葉賀(もみじのが)あらすじ

世間は朱雀院で開かれる紅葉賀に向けての準備で騒がしくなっています。

源氏の父・桐壺帝は最愛の藤壺が懐妊した喜びに酔いしれ、臣下たちも舞楽の準備で浮き立っています。

ですが、藤壺の子は桐壺帝の子ではなく源氏の子。
源氏といえば藤壺に手紙を送り、親しい女官を通して面会を求め続けていました。

一方で、藤壺は立后を控え狂喜する帝の姿に罪悪感を覚えながらも、一人秘密を抱え通す決意をし、源氏との一切の交流を持とうとしません。

遠ざけられた源氏の唯一の慰めは、藤壺の姪の少女・若紫(後の紫の上)の無邪気に人形遊びなどをする姿でした。

帝は式典に参加できない藤壺のために試楽(リハーサル)を宮中で催すことに決めました。
源氏は、親友・頭中将と青海波の舞を舞いながら御簾の奥の藤壺へ視線を送り、藤壺も一瞬罪の意識を離れて見惚れますが、言葉少なに褒めただけでした。
源氏を憎む弘徽殿女御は、舞を見て
「まことに神が愛でて、さらわれそうな美しさだこと。おお怖い。」
と皮肉り、同席していたほかの女房たちは「なんて意地の悪いことを」と噂します。

翌日、源氏はそれとは解らぬように藤壺に文を送ったところ、思いがけず返事が届き胸を躍らせました。

見事な舞を披露した源氏は正三位に、頭中将は正四位下に昇格します。
弘徽殿女御は「偏愛がすぎる」と不満をこぼします。

翌年二月、藤壺は無事男御子(後の冷泉帝)を出産。
桐壺帝は、源氏に生き写しの美しい皇子を再び得て喜ぶのですが、源氏と藤壺は罪の意識に苛まれます。

 

さて、その頃、桐壺帝に仕える年配の女官で血筋、人柄の申し分ない源典侍には、希代の色好みという評判がありました。
源氏と頭中将は冗談半分で彼女に声をかけます。
あからさまに媚びを売る老女に辟易しながらも2人は源典侍のもとに通い、冗談のネタにします。

 

その年の秋、藤壺は中宮に立后。
一番早くに入内し、長年仕えていて今東宮の生母である弘徽殿女御は、

長年仕える自分を差し置いて、なぜ藤壺が中宮に

と激怒。

源氏も宰相(参議)に進むものの、ますます手の届かなくなった藤壺への思慕はやむことがありません。

 

六帖 末摘花

八帖 花宴

 

タイトルとURLをコピーしました