「空飛ぶかにいくら」へようこそ!

「源氏物語」八帖:花宴(はなのえん)あらすじ

スポンサーリンク

大河ドラマ『光る君へ』のなかで、ついにまひろが源氏物語をしたため始めます。

こちらでは、まひろの描いた「源氏物語」の内容・あらすじを一帖ずつご紹介します。

 

桐壷きりつぼ 帚木ははきぎ 空蝉うつせみ 夕顔ゆうがお 若紫わかむらさき 末摘花すえつむはな
紅葉賀もみじのが 花宴はなのえん あおい 10賢木さかき 11花散里はなちるさと 12須磨すま
13明石あかし 14澪標みおつくし 15蓬生よもぎう 16関屋せきや 17絵合えあわせ 18松風まつかぜ
19薄雲うすぐも 20朝顔あさがお 21少女おとめ 22玉鬘たまかずら 23初音はつね 24胡蝶こちょう
25ほたる 26常夏とこなつ 27篝火かがりび 28野分のわけ 29行幸みゆき 30藤袴ふじばかま
31真木柱まきばしら 32梅枝うめがえ 33藤裏葉ふじのうらば 34若菜上わかなじょう 35若菜下わかなげ 36柏木かしわぎ
37横笛よこぶえ 38鈴虫すずむし 39夕霧ゆうぎり 40御法みのり 41まぼろし 42匂宮におうみや
43紅梅こうばい 44竹河たけかわ 45橋姫はしひめ 46椎本しいがもと 47総角あげまき 48早蕨さわらび
49宿木やどりぎ 50東屋あずまや 51浮舟うきふね 52蜻蛉かげろう 53手習てならい 54夢浮橋ゆめのうきはし

『光る君へ』を深く理解するためのご参考に、また、「源氏物語」の古文を読まれる際にもお役立ていただけましたら幸いです。

では八帖:花宴(はなのえん)のあらすじ紹介です。

スポンサーリンク

「源氏物語」八帖:花宴(はなのえん)あらすじ

源氏20歳の春。

南殿で催された桜花の宴で、光源氏は頭中将らと共に漢詩を作り舞を披露しました。

賞賛される源氏に対して、弘徽殿の女御はますます憎しみを募らせます。

宴の後、おぼろ月夜に誘われふと入り込んだ弘徽殿で、廊下から聞こえる歌に耳を澄ますと、声が聞こえてきます。

照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の 朧月夜に似るものぞなき

源氏はその歌を詠んでいた若い姫君の袖を掴み、契りを交わします。

素性を明かさぬままに扇を取り交わして別れた姫君こそ、春宮への入内が決まっている右大臣の六の君で、敵である弘徽殿の女御の妹(朧月夜)だったのです。

再会は難しそうだと考えている源氏に対し、東宮に輿入れする予定の朧月夜は源氏との逢瀬に思いふけています。

ひと月後、右大臣家の藤花の宴に招かれた源氏は装いを凝らして訪れます。
右大臣に呑まされ、酔いを醒ますためと言ってその場を離れた源氏。

姫君たちの居室に向かい、偶然通りかかったところで御簾のうちにいる六の君を発見。

歌を詠み持ち主を問うと、返した声はまさに朧月夜本人のものでした。

源氏はさりげなく姫君の手を握ります。

 

七帖 紅葉賀

九帖 葵

 

 

タイトルとURLをコピーしました